ステップアップ

社会を生き抜くための情報まとめブログ

【記憶法】勉強は複数のインプットが効果的!

f:id:elephantzousan:20190828220915j:plain

皆さんの勉強方法はなんですか?実際、教科書だけで勉強するよりも映像学習や、オーディオブックなど複数のインプット方法で勉強した方が記憶に残りやすいです。

今日は、脳科学的に正しい勉強法を紹介します!

 

 

わかった気になる錯覚に注意する

本を繰り返し読んでいるとすらすら読めるようになります。すらすら読めているので「わかった」気になりますが、これは「流暢性の錯覚」と言って実は、記憶にほとんど残っていません。

では、どうすれば記憶に残すことができるのかと言うと「一文ずつ読んでは考え、時間をかけてインプットする」ことで学習効果を高めることができます。

もちろんこの方法をとると、時間がかかってしまい面倒と感じてしまいますが、勉強に近道はありません。

 

勉強は複数のインプットが効果的!

本を繰り返し読む方法は、一般的には効果的な勉強方法と思われている場合が多いですが効果はありません。

このように世間一般で考えられている常識が間違っていることは多々あります。

例えば、

「数学」「理科」「社会」のテスト勉強をします。

  • 最初の一週間を「数学」、二週目を「理科」、三週目を「社会」と勉強した人
  • 毎日「数学」「理科」「社会」を同時進行で勉強した人

どっちが効果的だと思いますか?

 

答えを知る前に覚えておきたいポイントは、物事を記憶する場合に脳へのアプローチの方法は、一つではなく複数ある方が覚えやすくなると言うことです。

 

例えば、同じ内容の学習であっても、

  • 「講義を聞く」
  • 「教科書を読む」
  • 「映像を見る」

など、脳に入ってくる刺激が異なると、脳の異なる領域がそれぞれ反応することになります。

 

そして脳は、できるだけ広範囲に刺激を受けた方が活性化します。

結果的に記憶に定着しやすくなると言うわけです。

 

こういったことがわかっていれば、複数の科目を同時期に進めると言うことは脳科学的に正しい学習方法であると気づくことができます。

 

一日中同じ科目を勉強するよりも、一日に複数の科目を勉強する方が、記憶が定着します。一気に詰め込むとその時は覚えていても、数日後には忘れてしまいます。

1日に複数の科目の勉強をする方法は、一見すると効率が悪そうですが、毎日少しずつでも様々な科目に触れている方が脳への刺激が多く、長期的に記憶に残ります。

 

同じように分野の異なるテキストを数冊読むことで、記憶の干渉が起こりにくいと言えます。

 

一人で勉強するより複数人で勉強した方が良い

勉強は普通一人で寂しくするものですが、グループで学習した方が記憶の定着が良いと言う実験結果があります。

人間の脳は、他の人がいるときには敏感に反応します。

美術館で一人で絵画を鑑賞するときよりも、複数人で見た時の方が感動の度合いが大きくなったり、一人で食事をするよりも周りに人がいる方が料理を美味しく感じることがあります。

もちろん複数人で会話のコミュニケーションがそういった感情を増幅させると言う意見もあるかもしれませんが、たとえコミュニケーションがなかったとしても、同じ経験をするだけで感情が増幅されるのです。

同様に、一人で単語リストを見て暗記をするよりも二人で単語リストを見て学習した方が、約二倍も単語を思い出せると言う実験結果もあります。

誰かと共有したものは、記憶に定着しやすいと言えます。

 

静かな場所は必ずしも勉強に適した場所ではない

f:id:elephantzousan:20190828221018j:plain

静かな自分の勉強の部屋と周りから物音がするファミレスでは、どちらの方が勉強に適していると思いますか?

もちろん人によって学習に適した環境は異なるので一概に正解を導き出すことはできませんが、実は記憶に残りやすいと言う観点から見れば「静か」な環境というのは学習に適していません。

あるテレビ番組のアンケートにおいて、東大生の子供の頃の勉強の環境は、48%の東大生が個室ではなく、リビングルームで勉強していたと回答し「リビング学習」という単語が生まれました。

親からすれば、子供に集中して勉強をさせるための「静か」な環境が必ずしも効果的とは言えないようです。

人間はもともと集団で暮らしてきたため、壁に囲まれた狭い空間に一人でいることに、本能的に慣れていないのです。

先ほども言ったように、脳は複数の刺激があった方が活性化します。

程よい距離に人がいて、周囲の音や匂いがするリビングやファミレスなどの方が、印象に残って記憶に定着しやすいと感じる人も多くいるはずです。

もちろん、あまりにうるさい環境では、集中して勉強することができないので逆効果と言えます。

ですから、程よい距離で話し声や雑音などの物音がする場所こそが勉強に適した場所と言えます。

 

まとめ

今まで世間一般的に常識だと思われてきたことが、実際には全く異なるということは、よくある話です。

  • 科目をまとめて勉強する
  • 一人で黙々と勉強する
  • 静かな場所で勉強する

もちろん個人差はあるでしょうが、もし勉強で効果がなかなか上がらないと感じる人は、今までの常識を打ち破ってみましょう。

新しい世界が開けるかもしれません。